スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
ちょっといい話
夕食後、過去の子育てブログを見つけて、懐かしさに浸っていました。
その中で「世界子育てネットSweetHeart」のメルマガで紹介された「ちょっといい話」、
何度も読んでいるはずなのに、すっかり内容を忘れていて、またもや涙腺熱くなりました。
当時、許可を得て掲載したもので、こちらに転載します。

僕が高校1年生だった頃のある日、学校から歩いて帰宅するクラスメートが目に入った。
彼の名前はカイル。山のような教科書を抱えていた。ぼくは心の中で「金曜日に教科書を全部もって帰るなんて、どんなヤツだろう。きっとクソまじめなガリ勉に違いない。」と思った。ぼく自身は、週末はパーティーや友達とのフットボールの約束などの計画でいっぱいだった。
それで、そのまま歩き去ろうとした時、彼に向かって何人もの生徒達が走っていくのが目に入った。彼らは、わざとカイルにぶつかったので、彼の抱えていた本はバラバラに飛び散り、カイルは蹴つまずかされて泥の中に倒れてしまった。メガネも吹っ飛び、10フィート以上離れたところに落ちたのが見えた。彼の見上げた目に宿ったひどい悲しみの表情が、僕の心をゆさぶった。それで、ぼくは四つんばいになってメガネを捜している彼の所に走りよった。彼の目には涙が浮かんでいた。ぼくが「あいつら、ろくでもないヤツラだ。他にやることがないのかよ。」と言いながらメガネを手渡した。彼は僕を見ながら「ありがとう!」と言った。満面の笑顔だった。その笑顔は、心の底から感謝しているということを示す種類のものだった。

僕は散らばった本を拾うのを手伝いながら、彼がどこに住んでいるのかを尋ねた。意外なことに僕の近所だった。それで、なぜ一度も会ったことがなかったのかと尋ねた。彼はずっと、私立の学校に行っていたからだと言った。
僕は今まで私立に言っているような子と仲良くなったことはなかった。家に帰る道すがら僕らはずっといろんなことをしゃべった。カイルは、とってもいいやつだった。僕は土曜日に友達とフットボールをするんだけど一緒に来ないかと誘った。カイルは承知し、僕らはその週末をずっと一緒に過ごした。
カイルのことを知れば知るほど、僕はカイルのことが好きになった。そしてそれは僕の他の友達も同じことだった。

月曜の朝、カイルが再び金曜日に持ちかえった全ての本を抱えて登校するのが見えた。僕は彼を呼びとめ「毎日、山のような本を抱えて、筋肉を鍛えているの?」と言うと、カイルは笑って、抱えている本の半分を僕に手渡した。

それからの4年間、カイルと僕は大の親友になった。そして僕らは4年生になり大学進学を考え始めた。カイルはジョージタウン大学に進学することを決め、僕はデューク大学に進学を決めた。僕らは、どんなに距離が離れようと、ずっと友達だと分かっていた。カイルは医者になるつもりだったし、僕はフットボールで奨学金をもらったので、ビジネスの分野に進むつもりだった。

カイルは卒業式で卒業生を代表して告別の辞を述べることになった。僕は、最初から最後までクソまじめなカイルをからかった。彼は卒業式のためにスピーチを準備しなければならなかった。僕は内心、壇上で話すのが自分じゃないことがとても嬉しかった。

卒業式の日、僕はカイルを見つけた。彼はとてもかっこよかった。彼は高校生活で真の自分というものを発見した一人だった。彼は満たされているように見え、今やメガネさえ、さらに彼を立派に見せていた。彼は学校生活で僕よりもずっと女の子にモテたし、色んな子ともデートしていた。もちろん、たまにそんな彼に僕は嫉妬したこともあった。

その日、彼が珍しく緊張しているのがわかった。それで、僕は彼の背中をたたいて「オイ、お前なら大丈夫だよ。」と言った。カイルは、僕のことをじっと見つめて微笑みながら「ありがとう」といった。カイルは咳払いしてからスピーチを始めた。「卒業は、山あり波ありの学生生活を乗り越えさせてくれた人々に感謝する時です。皆さんのご両親、諸先生方、兄弟姉妹、コーチ達に・・・そして何よりも友達に。誰かの友達になってあげるということが、人にあげられる一番の贈り物だということを皆さんに伝えるために、僕は今日、ここに立っております。今から皆さんに一つの話しをします。」

そして、カイルが僕との初めての出会いの日のことを語り始めたとき、僕は、信じがたい思いで友を見つめていた。あの週末、カイルは自殺する計画を立てていたのだった。彼は自分のロッカーをすっかりきれいにし、後で、お母さんが大変な思いをしないようにと、全ての物を家に持ち帰っていたのだと話した。

彼は僕をじっと見つめちょっと微笑んだ。「ありがたいことに僕は救われたんです。僕の友達が言葉にできないことをして僕を救ってくれたんです。」

このハンサムな人気者の少年の、最も気弱になっていた瞬間の話しに会場の一堂が息を飲むのが聞こえた。彼のお父さんとお母さんが僕を見て、さっきカイルが僕に投げたのと同じ感謝の笑みを向けるのを見た。

その瞬間まで僕は僕のしたことの深い意味など知る術もなかった。自分の行動力を決して低く見積もってはいけない。たった一つの小さな振るまいが誰かの人生を変えるかもしれないのだから。良くも悪くも。神様は、人間誰しも、お互いに何らかの影響を与え合うようにされたのだ。そして、その神様は誰の心の中にもいるのだ。その神様を見つけよう。
スポンサーサイト
【 2018/06/10 23:50 】

| Recommend | コメント(2) | トラックバック(0) |
漢方薬
今年に入り、漢方薬も処方するクリニックに勤務してます。
以前から医食同源やアロマ、和漢薬にも興味があったので楽しんでいます。

西洋薬は手っ取り早く効果が出るけど、飲むのをやめるとぶり返す。副作用が強いものもあります。
漢方薬は体質と症状で処方され、病気に対する抵抗力を高め(自己治癒力を引き出す効果)身体を整えていきます。
また、即効性がないと思われがちですが、服薬当日、遅くても3−4日で反応がみられます。

市販薬にも漢方薬がありますが、診察して処方してもらったほうが値段が保険適応処方で安くなり、有効成分含有量も市販のものより高いです。なによりも、自分の体質に合ったものを処方してもらえます。

体質チェックも舌やお腹、脈を診たり、長い問診を受けたり、初診は30−45分くらいかかります。
大体、漢方専門医は予約制です。

気付いたら勤務して半年以上経ちましたが、様々な疾患に対して漢方薬の可能性を感じています。保険適応の鍼灸も紹介しているので、肩こり腰痛などの患者さんも多いです。
何よりハッピーな気持ちになるのは、不妊でいらした患者さんが数ヶ月で妊娠されたとき!子宝漢方♬
人によって調整するのに時間が掛かることもありますが、基礎体温表の経過を辿りつつ効果が出ているのを観て感動します。
長年苦しんでいたアトピーや手荒れなどの皮膚症状や原因のよくわからない疾患・・・
症状が改善され、徐々に漢方を減らし飲まなくても大丈夫になって漢方薬卒業?される方もおられます。良くなって元気になっていく方を見せていただけるのも嬉しいことです。

私は今まで花粉症の時期は抗ヒスタミン薬で対処していたのですが、漢方薬にしてみたら良い感じで効きました。抗ヒスタミン薬を内服しているとむくみや食欲増進で体が重くなりがちでしたが、漢方薬にしてからは胃腸の調子もよくなりました。

合う合わないは人それぞれですが、なかなか良くならない症状があるなら試す価値ありです^^
【 2014/07/26 23:48 】

| Recommend | コメント(2) | トラックバック(0) |
結合双胎児を与えられて
今日、教会できれいな双子ちゃんに会いました。
彼女たちは”結合双胎児”で生まれてきたと、友人から教えてもらいました。

”結合双胎児”とは、体の一部がつながっている双胎児のことです。妊娠12週で結合していることが分かり意思から中絶を勧められたそうです。ご夫妻は躊躇わずに出産を決断したそうです。その時のお話をHarvest Timeで紹介されています。

「結合双胎児を与えられて」 長嶺 聡・栄子夫妻 from Harvest Time Ministries on Vimeo.



神様を信じた今なら、私も平安の中同じように決断して祈っていくだろうと思います。
信仰がなかったとしても同じ決断をしたでしょう。ただ、平安が保たれているか・・・は確信できない。
どんな命も尊く、障害と言われる状況も神様がプランされたもの、必要のあるもの。才能でもある。

詩篇139:13-16 
13 それはあなたが私の内臓を造り、母の胎のうちで私を組み立てられたからです。
14 私は感謝します。あなたは私に、奇しいことをなさって恐ろしいほどです。私のたましいは、それをよく知っています。
15 私がひそかに造られ、地の深い所で仕組まれたとき、私の骨組みはあなたに隠れてはいませんでした。
16 あなたの目は胎児の私を見られ、あなたの書物にすべてが、書きしるされました。私のために作られた日々が、しかも、その一日もないうちに。

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

【 2013/12/29 23:09 】

| Recommend | コメント(0) | トラックバック(0) |
緒方貞子という生き方

緒方貞子という生き方緒方貞子という生き方
(2002/03)
黒田 龍彦

商品詳細を見る

子育てを終え60歳を過ぎてから、国連難民高等弁務官として難民救済などご活躍されています。

NHKで放映された「緒方貞子戦争が終わらない この世界で」を観て、カッコいいなぁって、素敵な日本人がいることを誇りに思いました。
そして、自分もまだまだ若い方なのねって。

85歳の凛々しい緒方さん、受賞のシーンから感動してうるっとします。

緒方貞子さんの力強い言葉
文化、宗教,信念が異なろうと、大切なのは苦しむ人々の命を救うこと。
自分の国だけの平和はありえない。世界はつながっているのだから。


そうなんです。日本や子どもの未来を思うとき、自分の子どもだけではなく、日本だけでなく、全ての子どもたちが元気に生きていけるように力を注いでいけたら・・・と思います。
大切に育てられた子どもたちは、自分だけでなく相手を思いやる力も育ち、次の世代にもいい習慣が受け継がれ今よりももっと良くなっていくはず。
大きなことはできないけど、自分のできる範囲で与えられたところで、イキイキと活動していきたい。
残念な現実に気付いたり、凹むこともある。
でも、行動することで響き合える人達に出会い、凹んだ部分を補ってくれる人も現れ、静だったものも動き出すと確信できるから

最後は理論ではない。一瞬のカンです。(緒方貞子)


緒方さんは「置かれた場所で咲きなさい」の著書である渡辺和子さんと同じ、聖心女子大学の一期生です。戦後の混沌とした時代に、充実した教育がなされていたのだなぁと思いました。

テーマ:♪人生・生き方♪ - ジャンル:ライフ

【 2013/10/08 22:18 】

| Recommend | コメント(2) | トラックバック(0) |
倒れたとき、こうやって起き上がるんだ!


子どもの頃、現実を受け入れられなくて死のうと思ったこともあった・・・でも、聖書の御言葉によって立ち上がることができたと、身体で表現するNick Vujicic(ニック・ブイチチ)さん。
2012年に結婚し、今年の春に男の子を授かりパパさんです!

テーマ:♪人生・生き方♪ - ジャンル:ライフ

【 2013/09/26 22:39 】

| Recommend | コメント(2) | トラックバック(0) |
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。