スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
駐在が決まって ~周りの反応~

アメリカ駐在が決まって、友人、知人、周囲の人へ伝え、伝わっていく・・・
反応は様々で、エ~~ッと淋しがってくれる人、大変じゃない!?と心配してくれる人、おめでとう!と祝ってくれる人、いいなぁ~~と羨ましがる人、そして無関心な人。

やっぱり、淋しがってくれると嬉しい・・・かな
4年前、義理の弟夫婦が海外転勤になった時、あからさまに羨ましがったのは私です。

恥ずかしい話しで・・・
あの時、結婚したばかりの義妹は「お姉さんはそこに何度も旅行へ行って、親しみのある良い所なのかもしれません。でも、私はやっぱり日本が大好きなんです。」と、言われた時は失敗したなぁ~って思った。誰でも行きたいわけじゃないんだよね。
行きたくないのに仕方なく行く人もいる。。。(私達は行きたい派です)

失礼だったかも(~_~;) 遠く離れる事に対して労う訳でもなく、いきなり羨ましがると言うのは

今回、自分が行く立場になって、そんな周りの反応を受け、ある意味良い勉強になりまし。
スポンサーサイト
【 2004/09/27 12:54 】

| Personal | コメント(0) | トラックバック(0) |
幸せって・・・
幸福論っていろんな人が難しく唱えてたりするけれど、価値観の問題だよな・・・って思う。

私は昔から幸せそうに見えるらしい。

私には困難とか悩みとか無くて、なんでもスイスイ順調にクリアしていくように見えるらしい。
何故そう見えるのかよくわからないけど、私の事を良く知らない人はそういうイメージを持つらしい。

まあ・・・暗いイメージを持たれるよりはいいけど。
結構若いうちに苦労したので成人してから出逢ったような人は、多少の事に屈しない私を見てそう思うのかもしれない。
確かに、散々苦労してきたから、多少の事では動じない。

ある人と障害児をもった友人の話しをしていた時「Hidemiさんは障害児が生まれても、大丈夫そうだよね。」
と言われた事がある。
何も言えなかった・・・「え、私そんなに強くないよ」って心の中で言った。

妊娠する度に、障害を持った子が生まれるかもしれないな・・・って思った。
障害は個性だから。。。不幸なことではない、不便なだけだ。
そう教えられた。
自分自身が障害を持っているわけではないので、本当の所は良くわからない。

いろんな考え方を持った人がいる。。。
すごくデリケートな問題で、その現実について感謝している人も居れば苦しんでいる人も居て、私は軽くコメントできないと思っている。
でも、私自身は障害を持った身内が居たからこそ、そのことについて深く関われたことに感謝している。
色々な経験から得た強さ、別方向からの考えが得られたことも。

で、私はいつでも、幸せな状況にいると思ってる。
もう10代の頃から「自分が幸せだと思えたら幸せなんだ」と。
不満そうな顔をしているのはそれだけで不幸だし、周りの人には公害のようなもの。
関係無い人にまで嫌な気分をばらまいてしまう。
どうせなら、笑った顔が良い・・・笑っていれば自ずと幸せはやってくる。(*^-^*)

今、子どもを3人授かって、アメリカ駐在も決まって、順風満帆かもしれない。

例えば未婚だったとしても、子どもを授からなかったとしても、幸せでいると思う。
その時その時で、自分の楽しみを見つけているはずなので。。。
結婚してなかったらこうしたい。とか、子どもがいなかったらこうしたい。って、考えていた。
今は子どもが小さいから、せめてこうしたい!!って思うことを、小さな夢をちょっとずつ適えている。

そんな小さな夢や願いが適う事で、私にとってはとっても幸せだし、こうやって笑っていられる事が充分な幸せなのです。

ちょっとずれるけど、私の親孝行は『親より長生きする事』です。
簡単そうで難しいような・・・これをある会合で目上の方に話したら、驚いた顔して「本当にそう思ってるの!?」と言われた。
元気に親より長く生きること
【 2004/09/27 00:33 】

| Live | コメント(0) | トラックバック(0) |
わたしたちのおうち


駐在の話しが決まって、5ヶ月が経った。
先週、私達の住む家が決まった。

とっても素適なお家で、今からワクワク♪

でも・・・私の検診の結果、再検診が2項目あった。
その結果が出るまで本当にアメリカへ行くのかわからない・・・
ここまで来て行けなかったらショックだし、夫が単身赴任ということになってしまう!!

私達家族はどうなるの~~~

まあ、問題ないでしょう

【 2004/09/25 12:55 】

| Personal | コメント(0) | トラックバック(0) |
かけがえのないもの
沢山の仲間たち

お別れの前に、思い出を沢山作ろう

もしかしたら出会わなかったかもしれない

運命って不思議ですよね

偶然出逢い、親しくなれた、かけがえのない仲間達


偶然というのは神様がくれた縁

会いたい人、会うべき人

ずっとずっと大切にしていきたい

そして、これからの出逢いも
【 2004/09/12 12:19 】

| Personal | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。