スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
ボランティア
先日のキャンプにボランティアとして参加しましたが、猛暑の中での外の作業は甘くなかった(汗)
力仕事は避けたい所ですがそんなこと言ってられないし、結果的には中身を熟知している塾長が一番体を酷使していたように思う。

キャンプ場までの往復は数名の保護者に協力して頂き、キャンプ中は3台の車でビーチやマリーナなどへ数回往復して子ども達を移動させる。人数に合わせテントは9つ張り、食料を買い足しに出かけたり、カヤックを子ども達に体験させてくれるボランティア、スイカ割りのために3日目にスイカを運ぶボランティアもいらっしゃる・・・。
いろいろな方の協力があってのキャンプなのですね。

カヤックおじさんは「子ども達にカヤックの楽しさを体験して欲しい。」という願いで、毎年2時間近くかけて来てくださるそうです。去年は息子さんといらしてくれましたが、今回はお一人で10艘を運んで来てくださいました。
ビーチから車までカヤックを運びましたが、帰りは水が入っているので更に重くなってます。
それを一人で車に積んで水を出して・・・使い続けてないと筋肉だって維持できませんよね。尊敬。
このカヤックもご自分の趣味で増えたもので、お礼を期待しているのではなく自分の楽しみとしていらしているそうです。なので、体験した子ども達が楽しんでくれたことが一番の喜びになります。

カヤックおじさんwebに写真掲載の了解を得たので^^

カヤックおじさん、カッコいいです!!
良い出会いでした!!

キャンプの中で被災地ボランティアの話しがあり、食料も水もない所へ「何かしたい」と出かけても、何も持たずに出かけたらボランティアも一緒に被災してしまう・・・という話しがありました。

私自身、軽い気持ちで引き受けたボランティアでしたが、聖書にあるマタイ5:41「だれかが、一ミリオン行くように強いるなら、一緒に二ミリオン行きなさい。」を思いました。1ミリオンというのは約1.5kmらしいです。
1.5km 行けと言われたら、その人と一緒に3 km 行けという訳で受け取りました。
この聖句がここで使うべきか分かりませんが、やるとなったら嫌々ではなく、喜んでとことんやりなさいということかなと。

今回は初めてのことで要領を得ませんでしたが、自分でテントを張るなど寝る場所を確保でき、周りに迷惑をかけず、出過ぎず、お手伝いできる所は喜んでさせて頂くことを心がけたいなぁと思いました。


時々感じるのですが・・・自分の意志ではないのに動かされていると思うことありませんか?
積極的に関わりたくないと思っていることに、いつの間にかその中に立たされていると気付くこと。
これは神様がされていることなのかな・・・と思う。
もしそうであれば、とことんやるべきなのかなと。祈りながら神様の御旨に添えるよう進んでいこうと思う。






スポンサーサイト

テーマ:私たちに出来ること・・・! - ジャンル:福祉・ボランティア

【 2011/07/26 07:04 】

| About kids | コメント(2) | トラックバック(0) |
2泊3日のキャンプ
昨年、ルスが参加したキャンプは、楽しいだけでなく精神的成長が見られたので、今回は子ども3人と私もボランティアとして参加しました。キャンプサイトはDelawere State Park

日本ではママ友達と子連れ数十人で森のロッジに宿泊したり、時には数家族で友人のご主人にテント張りを手伝ってもらってキャンプしましたが1泊2日が殆ど。
テントを張って1泊以上のキャンプというのは子どもの頃に経験はあるものの、自分が親になってからは初めての経験。
しかも、過去最高人数の子ども達34名を大人&大学生数名でフォローする。

Juk Academe サマーキャンプ

まずは自分達でテントを張り、湖で泳いだり、カヤック乗りを指導して頂いたり、森の散策、スイカ割りなどのアクティビティ。グループに分かれて食事作りから後片付け、テーマに沿ってのディスカッション、発表などもあり内容の濃いキャンプでした。
テーマは「生きる」ということ。

何でも揃っている便利な日常生活から離れ、何もない自然の中での生活。お互いに信頼し、協力し、助け合うことの大切さを学ぶ。また、グループ分けは学年で振り分けているので、高校生がリーダーシップをとりメンバーを誘導します。下級生も自分のことは自分で行い、できることを自主的に探し出し協力していくことで自立を促し自信が持てるようになっていく。

この夏最高の暑さの中どうなることかと思いましたが、子ども達もよく頑張りました。
みんなとってもピュアで、しっかりした自分の意見も持っていて、私も助けられ共に学ばせて頂きました。

「最近の若者は・・・」という声を良く耳にします。
「こうなったのも今の親が・・・」とか、学校教育のあり方を指摘したりとか。
子育ては人事じゃなく、
学校、家庭、地域が相互に連携しつつ、社会全体で取り組むことが大切だと見直されています。

日本で子ども達が通っていたさつき幼稚園では「生きる力を育てる」がキャッチコピーでした。
「いのち」を大切にする豊かな心を育む教育プログラムは貴重です。


8月にも第2弾のキャンプがあります。
お問い合わせは塾アカディームへ。

テーマ:生きる - ジャンル:ライフ

【 2011/07/23 10:48 】

| About kids | コメント(2) | トラックバック(0) |
洗礼式
洗礼式

先月末、CJCC(コロンバス日本語キリスト教会)にて洗礼を受けました。
神様のお導きで子供たちと共に受洗できたことも喜ばしいことです。
写真はナナエさんが撮影してくれたものを加工したのですが、洗礼槽の裏で洗礼式前のお祈りをしている時の様子です。
ナナエさんには洗礼式の裏側を素敵に撮って頂きました

洗礼式に参列した経験もなく、こうして自分が体験するとは昨秋まで全く想像もしてませんでした。
私は教会に通い始めて約半年で受洗に導かれましたが、フロルは既に昨夏から導かれておりました。
マルは私と同じ頃に、ルスはCCに参加してから導かれました。

昨夏の終わりにフロルから受洗したいと相談された時、素直に賛成することができなかった私が、今こうして導かれた喜びを彼女と共に分かち合えるなんて、神様は時に想像もつかない素敵なご計画をなされます。

受洗後に教会メンバーや友人からギフトやメッセージを頂きました!!
これも全く想像しておらず、恐縮しましたが嬉しかったです。

洗礼式ギフト2

聖句入りギフトバックにフォトフレームと聖句が内部にちりばめられた日記帳^^

バックに記された聖句は
"May the Lord continually bless you with heaven's blessings as well as with human joys." (Psalm 128:5)
主はシオンからあなたを祝福される。あなたは、いのちの日の限り、エルサレムの繁栄を見よ。 (詩編 128:5)

洗礼式ギフト3

英語付き新約聖書と一年間聖書通読日課表(聖書を全部読むのは結構根気がいります。通読に便利なツールの一つです)、信徒必携。
信徒必携は信徒として心得るべきことが聖句をもちいて記載されているもので、洗礼準備のためにお借りしていましたが、こちらでは購入できないので必要な部分をメモしていました。
この地で日本語のものが頂けたこともありがたいです。

聖書は既に半分読んでいるので、通読日課表を用いて帰国までに通読するつもりです。
何度読んでも、その時の状況で聖書から与えられるものが違ってきます。
聖書は霊的で間違いのない神の御言葉です。
数年前の2年ほど通ったバイブルスタディーでも読んでいましたが、「読んでいたつもり」だけだったなと反省させられました。聞く耳を持たずしてバイブルスタディに参加していたのかもしれません。
是非皆さんも、神様の御言葉を受け入れる気持ちで、手に取って頂きたいです。

ニーバーの祈り(Serenity Prayer)

この地で知り合い、多分、ここで一番お付き合いの長いご家族。姉のような同士のような友人です。
彼女は教会に行くことはないだろうと、以前話していましたが、メサイアの時やこの時にもご夫婦でいらして下さいました。神様がとても喜んでくださっています。

ギフトを用意してくれていたなんて思いもせず、ただ参列してこの喜びの時を共に祝してくれたことだけで嬉しかったのですが。
そのギフトがこの祈りの言葉でした。

日本語ではニーバーの祈りと呼ばれていますが、wikiにリンクしていますので良かったらそちらをご覧下さい。

洗礼を受けた瞬間に、喜びあふれるという話も聞きますが、私の場合は大きな変化というものはないです。
以前と同じように、朝目覚めた時に命が与えられているということ、1日の終わりに平穏に過ごせたことに感謝する毎日です。
変わったのは、毎日イエス様のお名前を使わせて頂きお祈りを捧げること、ただ感謝を申し上げるだけでなく具体的な願いをすること、自分だけでなく周りの人のこともお願いできるようになったことです。

マルコ11:24に「祈って求めるものは何でも、すでに受けたと信じなさい。そうすれば、そのとおりになります。」とあります。しかし、神様の御心に沿ったものでなければ違う結果となることもあります。
祈り求め得られるものが思っていたものと違っていても、最終的には最高のものが与えられます。

どうしても人間は目の前のことばかり気にしてしまい、これでなければ・・・と思いがちです。
このニールの祈りは、そんなことを不穏に思っていた私に必要な祈りの言葉で、とてもタイムリーでありがたかったのです。

HBOの活動をしていた時も、小さなことから祈っていました。
小さなことでも祈っていると、神様の御業に気付くことができます。
祈りの大切さを身にしみて感じました。
まず、祈ることを知ってみませんか?

毎週日曜日には11時半からのCJCCの礼拝に行きます。第1週は隣のMountview Baptist Church(Sanctuary)で9時から英語での礼拝となりますが、それ以外の集はCJCCで日本語にて礼拝をします。
場所:CJCC(コロンバス日本語キリスト教会)  
Mountview Baptist Church Youth Center(Sanctuaryの隣です)
2140 Fishinger Rd. Columbus, OH 43221(地図にリンク)

何故、イエス様を信じるようになったかの証しは、洗礼式の礼拝で告白致しました。
直接私の口から聞いて頂きたいので、その時の証しを文章としてメールやブログに載せることはしません。
第3週は賛美と証しによる礼拝です。
また、私も証しをするかもしれません。

教会に行くのに勇気がいるという話も耳にします。
初めての方でも気持ちがありましたら、いつでもいらして下さい。ウェルカムです。
不安であれば、前もって私の方に連絡(メールフォーム等)して下さっても結構です。
多くの方に神様について知って頂きたいと心から願っています。

テーマ:生き方 - ジャンル:ライフ

【 2011/07/14 09:51 】

| Personal | コメント(4) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。