スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
②ガラクタ捨てれば自分が見える
原本その他



ガラクタ(CLUTTER)とは、英和辞書では「整理されていないまま山積みとなったもの」
カレンさんのいうガラクタとは

・あなたが使わないもの、好きではないもの
・整理されていない、乱雑なもの
・狭いスペースに無理に押し込まれたもの
・未完成のもの、全て

そして、「ガラクタ」の与える影響は、あなたにネガティブな感情までも引き起こすと言い切る説明が続きます。

ここで、「未完成なもの、全て」を読んで・・・リサイクル好きな私としては、リサイクルのために溜め込んでいるもの全て、ガラクタになってしまうのです。  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、何度も読み返した部分“第19章 心をきれいにする”

心の「ガラクタ」をきれいにするには、次のような秘訣があります。

・心配するのをやめる
・批判したり、決めつけたりしない
・ゴシップをやめる
・嘆いたり、愚痴ったりしない
・心の中で会話をしないこと
・先延ばしにしない
・コミュニケーションをクリアにする
・手紙はそのつどきちんと書く(メールもOK)
・やりたいことを、優先させる
・安眠のために、気持ちをきれいにする
・常に自分を現在形にしておく

どうしても、今の時点で納得できない部分は深く考えずにとばしました。
人それぞれですし・・・。訳した人の言葉の選び方もあるし・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

続いて“第20章 感情をきれいにする”

世の中のほとんどの人は、何らかの感情の荷物を引きずっています。

・怒り
・不平不満
・不要な友人関係を整理する
・古い人間関係から脱出する
・心の鎧を取り除く

なかなかシビアな説明もあり、強烈過ぎて苦笑いする部分もありましたが、気持ちはスッキリしたかな。受け方は人それぞれですからね♪
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:片付け・収納・お掃除 - ジャンル:ライフ

【 2005/10/09 14:24 】

| Live | コメント(8) | トラックバック(0) |
<<ありがとう | ホーム | ①ガラクタ捨てれば自分が見える >>
コメント
--- おぉお~! ---

やっぱり!!箇条書きを見ただけでも、えっ???って思うかも。
是非、お貸ししますよ♪お母さんにもどうぞ♪

引っかかった所はあったにしても、基本的にいろんな所で心に響いてくる言葉があります♪
お楽しみに♪
Hidemi * URL [編集] 【 2005/10/17 09:09 】
--- 何故でしょう... ---

Hidemiさんの「引っかかったトコ」の予想があたってた(!!)、ホントだよん♪
「この本を読んでもいないのに分かったようなことを!」なんだけどさ(汗)、
なんとなくね、記事に書いてあったの読んで
「あ、その辺で納得いってなさそう」って思った(~_~;)。

今度貸して欲しいな、その本♪
まぁらうの母 * URL [編集] 【 2005/10/17 03:26 】
--- なるほどぉ~ ---

keikoさんコメントありがとう!
私は素適だなって思う人の考えを自分のものにしたいって思いながら読むので、余計に深くなってしまうのかもしれない。今回は突っ込みになったけどね。
著者に完璧を求めるつもりはないけどね・・・きっと無意識に、こんな事を書く人はこんな素敵な人なんだろう・・・では、こんな考えもこうだろう・・・。と、自分の好きな人に仕立てているかも。

今ふと思ったんだけど、ブログを読んでる人達が勝手に私達を想像するのと同じかも!?って思った。それって怖いわぁ~(^_^;)

ちなみに、19章の“心の中で会話をしないこと ”それ以外は多少引っかかっても流したけど。
自分のものにするには無理がある・・・っというかそんなことはしたくないって思ったのです。
細かい話はここには書けないけどね。
Hidemi * URL [編集] 【 2005/10/16 23:49 】
--- 行間を読む ---

人の書いた本ですので、端から端まで全てを自分の常識の物差しで計ると???になることはたーーーくさんあるよね。私は、自分にとって一行でも素晴らしい言葉に触れられればいいと思って本を読む人なので、自分に合わない部分があっても気にならないのよねぇ。突っ込みは行動025の技?知らなきゃ気がすまない888チーター?(^O^)たーくさんの本の中にはおや?と思う言葉もてんこ盛りよん。(^O^)自分でさえ昨日とは既に違う考えしてることもあるくらいだから、人の言葉となると随分と考えの及ばないところがあるかもね。ちなみにどこら辺が???だった?
keiko * URL [編集] 【 2005/10/16 08:37 】
--- 原文読んでみてよ ---

まぁらうの母さんのお母さんは、コレクター?
いろんなもの大切の取っておく方?
この本ね・・・跳ね返す人は跳ね返すかも?
お母さんはどうだろうね?
良かったらお貸ししますよ。
原文はとても興味ある。
どうしても、本当にこういう内容を書いたのだろうか???時になる所があったのよね。
Hidemi * URL [編集] 【 2005/10/14 22:21 】
--- この本 ---

私自身も読んでみたいけど、
たぶんそれ以上にうちの母に読ませたいかも(~_~;)。
原文にも興味アリだわね♪
まぁらうの母 * URL [編集] 【 2005/10/14 11:29 】
--- 出逢い ---

本=人として考えたら、沢山の出逢いを経験してるね。良い本というか、素適な思想に出逢うと、それらが心に染み渡っていくよね。
カレンさんの本はね、実は悩む部分があって何度も読み返したの。
やっと自分の中に入って行ったよ。
読んですぐに染み渡るものと、撥ね返しちゃうものとあるものね。
Hidemi * URL [編集] 【 2005/10/13 19:57 】
--- ---

何度でも読める本と言うのは、何度でもその人に合いたいと思う気持ちと同じくらいに大切なことであり、また、「この人に会いたい」と言う人にめぐり合っている自分ってついてるじゃん?って思ったりするのよ。だから、本=人として考えてる私は、偉大な人物にもたくさん会えているし、ましてや亡くなった人ともお会いできて意見なんかも聞けちゃうし。良い本は魔法みたいだよね。
keiko * URL [編集] 【 2005/10/12 21:29 】
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://gracias.blog5.fc2.com/tb.php/109-5d513a5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。