スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
困難な事?
友人のブログにこんなコメントを書いた。

障害者という言葉が普通になっているから、ついつい使ってしまうけど、私はどんな違いも全て個性だと思ってます。多くの人と違うものを持っている人は、やっぱり違う所にtalentを持っているのです。ただ、気付いてない人が多いのかもしれない?
そして、個性あふれる方達は、私たちに気付きを与えてくれる。気付いたなら、使える五感に感謝すべきだよね♪
アメリカに来た私は英語が話せない障害を持っていました。でも、チャレンジ精神だけでここまで来ました。そんな感じ?

challengedという言葉に、以前触れた事があった。
私の両親は耳が聞こえないという個性を持っていますが、父は先天性ではなく中途失聴者。彼は『聴力さえ失わなければ、何だってできたのに・・・』と愚痴る反面、『障害という意味は邪魔という意味も含んでいるんだ!私たちは邪魔な者なのか!?』なんて捩れた思想で怒りながら『耳が聞こえなくても、やろうと思えば何でもできるんだ!』という思想も同時に持ち合わせている不思議な人だった。大きな怒りをいつも露わにしていた人だった。(過去形なのは、今は穏やかな?じいちゃんだから)

昔は人と違う事を隠そうとしたり、恥ずかしいと思う傾向が強かったよね。今もそういう風潮はあるけれど・・・。
そういう風潮も父は大嫌いで『堂々と手話を使うんだ!』と言っていた。意味わかるかしら?多くの人と違う部分を恥ずかしいと思うな。こそこそするなってこと。

だから私は一般に障害を持っている。ということに対して、同情はしない。(勝手に頑張れ!と言ってるのではなく、共に頑張ろうということ)
誰でも、人と違うものを持ている。ただ、片寄りがあって・・・人数の多い人中心に社会が出来上がってしまっているから、日常生活にも支障が出たりするのかもしれない。

随分前にこんな記事を読んだ。
聾者しかいない世界に、耳が聞こえる人がぽつんと入ってきたとしたら、手話ができないその人が障害者なのだ。

その通りだと思った。もっと辛口な記事もあったけど、それは控えておきます。



この際書いておこう。

子どもが居ていいねと、子どもを通じて世界が広がるからうらやましいなと思う人がいる。
子どもが居なくていいね、自分の好きなことができて、自由に出歩けていいねと思う人がいる。
(同じように、「小さくていいね」とか「大きいからもう手が掛らないでしょ」と言うのも同じ)

自由が利かないから、沢山の人に助けてもらえていいねと思う人がいる。
自由が利いて、自分ひとりで行動できていいねと思う人がいる。

結局、考え方なのだと思う。みんなそれぞれいろんな悩みを抱えているものです。幸せそうにみえていても、苦しんでいたりする。
そういう悩みも含めて、人と違う個性と考える。『悩む=生きている』
自分の個性を受け止めて、上手く付き合っていければ良いなと思う。


それから、「いつも助けてもらってばかりで申し訳ない」って話しを耳にすることがあるけれど、助けられてるって思っている人は、実はお手伝いしてくれてる人を助けてるんですよね。
えっと・・・手伝いたいと思っている人の気持ちを満たしてくれているってこと。
どんな状況も、助け合っているのだということ。


人の幸せを自分のことのように喜べる人が、人の悲しみを苦しく感じてくれる人が、この世の中にたくさん・・・
あふれるほどになって欲しいと、10代の頃からずっと願っている。
人の幸せをうらやむのではなく、人の悲しみを陰で笑うのではなく・・・ね。

そういう仲間が沢山いることが嬉しいです。ありがとう!!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:楽しく生きる - ジャンル:ライフ

【 2006/03/12 00:03 】

| Live | コメント(8) | トラックバック(0) |
<<クッキングクラス~メキシカン編 | ホーム | 不安>>
コメント
--- つくしさんへ ---

「遅いコメント」ってなんだ?って思ったら、過去の記事への書込みだったのね。

はい、自分の個性として認められるように、周りの人たちと関わりあっていけたらなって思います。
私も看護婦時代に、事故で突然視力を失った友人と文通をするために点字を習いました。点字もあいうえお・・・から、単語や様々なルールがあってなかなか難しかったですよね。で、その方は徐々に視力が戻って、いまでは大きな字なら読めるまでに回復しました。(奇跡的回復です)
プライベートなこと書きすぎかな・・・って思うこともあるけれど、経験したからそのまま思うことが書けるんだ、って開き直りに近い状態です。
遡ってのコメントありがとう!
Hidemi * URL [編集] 【 2006/04/19 12:11 】
--- 遅いコメント ---

レシピを覗きに来たら、読み入ってしまいました。『全てが個性』...私もそう思います。でも『個性』に気づくまでが、個人との戦いですよね。自分を知らなければ、自分の良さや弱さ全てを認めることが出来た時に自分の『個性』として認められるのではないでしょうか!中学校の時に点字を教えてもらって(今ではすっかり忘れてますが)「私が読んだ本を点字に替えてあげたい」と思っていた事を思い出しました。
やっぱり、Hidemiさんは凄い人だよ!
人の振り見てわが振り直せ...です。
つくし * URL [編集] 【 2006/04/16 20:19 】
--- Keikoさんへ ---

HUTUU・・・何かの記号かと思った(^○^)
普通ってその人の価値観なんだろうね。だから、これが普通でしょ!って言うと変なんだろうね。
自分を普通と表現するのは、卑下するのは問題外だし、自分は人よりここが秀でている、私は特別♪・・・と思うことが、驕心?なんて思ったり。
あ、でも自分の事沢山褒めるけどね。
基本は正しく生きること、高慢にならずに謙虚であり、何事にも感謝できる事。そして、ゆるせること。そういう生き方をしていこうと・・・。(^○^)
Hidemi * URL [編集] 【 2006/03/13 01:27 】
--- kayokoさんへ ---

そういえば、言ってたことあったね・・・。
みんな思ってるし言ってるよ「助けてもらってばかりいる(-_-;)」ってね。
私は駄目だぁ~って思うと、助けてくれる人にどっぷり助けてもらちゃう方かな。
kayokoさんの前向きな姿勢が、多くの人を助けてるんだけど・・・
多分、気付いてないだけだよ。
Hidemi * URL [編集] 【 2006/03/13 01:25 】
--- HUTU ---

あ、ローマ字で書くとHUTUUって、なんか間が抜けてる。(^○^)
そっかー、Hidemiさんが普通ーなのかー。
(^○^)爆笑…。
でもね、わかったわ、『普通の基準』が、自分の中にしか存在しないこと。人全てがみな違うのだから、人を普通と呼ぶこと自体が変?

Hidemiさん、私から見るとめちゃ身軽に怖いもの無く飛びまわっている人よ。凄い人の域です。(^○^)でも、それは、自分と対比してという意味でした。あ、Kayokoさんも、凄い人の域。トーイックの点数、並じゃない。凄すぎ。

と、ごく一部分が抜きでているだけで普通じゃない域に入れているのが私の発想でしたねぇ。失礼しました。(^^ゞ

普通も、変わっているも、みんな自分と対比してるだけよね。日本とアメリカ、日本と朝鮮、日本とイラク…。って?

ふむ。いい勉強になったわ。ありがと!
keiko * URL [編集] 【 2006/03/12 23:02 】
--- ありがとう ---

読んでとってもココロが洗われた感じになったわ~~。

助けてもらってばかりで申し訳ない~~というのは私だわあ!(笑
そういう自分がはがゆいのよね。
でもこれも良い経験なのでしょう。

なんか昨日からhidemiさんと話したいなあ~なんて漠然とココロに浮かんでたんだけど、、、ここで話が聞けた感じがする。ほっとしました。
kayoko * URL [編集] 【 2006/03/12 15:49 】
--- 隣の糂汰味噌 ---

keikoさんへ
『私・・・ふつぅ~~の主婦です』って、よく言ってました。書いてました。プロフィールに(●^o^●)
なので、ここに居ます。
普通の人、失格かな?(^○^)

人はみな大河の一滴
Love somebody need somebody・・・
Hidemi * URL [編集] 【 2006/03/12 13:35 】
--- 支え合う ---

普通…ってなんだろ?普通と言う人を見たことがかつて一度もないです。あってみたい…。
平均って?全くの平均値に当てはまる人を見たことが一度もないです。(^○^)見てみたい…。

人は支え合って生きているのだと…
でも、自分も誰かを支えてるんだと言うことを、どうやらかなりの人が忘れているようかなぁ。


keiko * URL [編集] 【 2006/03/12 06:11 】
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://gracias.blog5.fc2.com/tb.php/147-b63fcea9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。