スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
biography
今まで「オハイオ州での生活」のカテゴリー“Media”をこちらで続ける事にしました。
理由は簡単、Amazonのリンクが使えるから。



エディット・ピアフ~愛の讃歌~ (2枚組)エディット・ピアフ~愛の讃歌~ (2枚組)
(2008/02/22)
ジェラール・ドパルデュー、カトリーヌ・アレグレ 他

商品詳細を見る


先日のアカデミー賞を見ながらライブラリーで予約。
最初に来たのが仏映画“La Mome(英題:La Vie En Rose)”

日本のAmazonで検索したら・・・邦題に驚く。う~~~ん・・・
(私が借りたDVDはフランス語で、英語の字幕。ちなみに、ラビアンローズと聞いて、吉川氏と直結したのは私だけだろうか・・・。)



フランスの有名シャンソン歌手エディット・ピアフ(Wikipediaリンク)を演じる、マリオン・コティヤールが主演女優賞を獲得したのも納得できる。ピアフを動画で拝見しただけだが、似てるよ。
マリオン、この映画では別人だよぉ~ (失礼ながら、敬称略)

映画は舞台上で倒れるシーンから幼少期へ飛んだり、脚光を浴びるシーンからストリートシンガー時代へ移ったりと時系列が行ったり来たりするので、一度サラリと見ただけでは理解しにくかった。

初めて人前で彼女が歌を披露するシーンで、日本の歌姫美空ひばりの幼い頃の映像を思い出した。
48年の波乱万丈な生涯を送ったピアフ。

映画についてはここまでにして、こういったものを読んだり見たりするといつも思うこと。

彼女だけに限らず、全ての人がいろんな過去を背負っている。
脚光を浴びている人をみても、身近にそういう人がいたとしても、それを羨ましいとか妬むような感情は起きない。

過去世・現世・・そこへ辿り着くまでに、色々な経験を積んできたんだろうな・・・と思うから。

現世のほんの一部を知って、あの人はこうだから・・・という勝手な憶測も失礼に当たるのだろうなぁ。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

【 2008/03/05 07:28 】

| Media | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<子どもと観た映画 | ホーム | バラの蜜蝋キャンドル>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://gracias.blog5.fc2.com/tb.php/269-489b543d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。