スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
私の密かな夢
『お話しましょ』で返信しているうちに思い出した事。
実現できないかもしれないので、夫にしか話した事がない。
心の奥底にしまっておこうと思っていた。


出産を経験する度に思ってた事。
・・・耳の不自由だった母は出産の時、どんなに不安だっただろう・・・

3回ともそう思った。
私は安産で産まれたらしいが、弟は大難産。死ぬか生きるかの瀬戸際だった。
私は小学校1年生で、父が神妙な顔で迎えに来たのを覚えている。
出産って喜ばしい事なのに、笑顔一つ無く父は「弟が産まれたんだ」それだけ言って病院に連れていった。
OPE室の待合室で長い時間待たされた。周りがバタバタしていて・・・・あの時代に、新鮮血での大量輸血。
(今でも肝臓を患わず、健康でいられるのが不思議なくらい)
弟を産み、その後出血が止まらなかったらしい。
『ガクガク振るえて寒くて、よくわからないまま気を失ったみたい』今でも母はそう話している。

安産だって産むまでとても不安だし、苦しいと言うか痛いし、この痛みがどこまで続くとか、どうすればいいとか、とにかく不安なわけで。

陣痛で苦しんでる時は目など開いていられない。文字を読むのも苦痛だろう。
耳が聞こえるから、うずくまって苦しんでいても、後から声をかけられたりする事で安心する。
痛い所(腰)を摩ってもらいながら、アドバイスを受け、優しい言葉をもらい頑張れる。
出産の時だけでは無い。とにかくデリケートな部分なので、いつだって心細い。

出産を無事終えて、落着いてからフと思う。
手話が出来る人がいたらどれだけ心強いだろう。聴障者の理解者がいるだけで、どれだけ違うだろう。

マルを出産した後に、夫にはなした。

『ずっと先の事だけど、子育てが一段落したら1年位助産婦の勉強をしたいな。本当に出来るかわからないけど、助産婦の資格を取って、産婦人科に勤めたいな。』

人生いろいろ~♪で、密かな夢が変わっちゃったりするかもしれない。
一応、日本に戻って再就職するならそれだ!と今でも思ってます。
今の看護婦の資格でも産婦人科に就職はできるけど、もっと繊細な部分でお手伝いが出来ると思ったの。

人生いろいろなので・・・あしからずです。
関連記事
スポンサーサイト
【 2004/12/24 12:02 】

| Personal | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<今年の抱負 | ホーム | Southern All Stars>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://gracias.blog5.fc2.com/tb.php/28-243ad457
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。