スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
成長
先日、バイオリンリサイタルが終了し、その翌日にはバレエリハーサルも無事に終了。

バイオリンはルスとフロルが、去年の春くらいからプライベートレッスンを受けている。
なぜかバイオリンに憧れがあったらしく、前々からやりたいと言われていたので、日本人の先生を紹介してもらい、1年が経った。

フロルは年中さんの頃に日本でバレエを習っていたけど、こっちに引っ越してきてからは続けたくないと言うので何もしていなかった。2年前からフロルの希望で、バレエを再開したのだ。
赴任当初は不安でいっぱいだったフロルも、今はバトンやチアリーディング、ピアノもやりたいと意欲的なことを言うようになった。

そんな兄姉に振り回されるマルの我慢も限界に近いし、私も負担が大きくなるので、本当に彼らがやりたいものだけに絞ってもらっている。
毎日のように子どものアフタースクールに習い事を詰め込み、アクティブに動き回るお母さんには頭が上がらない。

フロルはスカートが大嫌い、年少さんから小学2年生くらいまで、全くスカートをはかなかった。
今でも殆ど履くことがない。いつも短パンかGパン。
そうそう、こっちに赴任してくるまでは写真を撮られるのも大嫌いだった。

バレエの衣装

バレエを再開したのが2年生の夏の終わり、初めてのリサイタルが翌年の夏。
メリー・ポピンズの「CHIM CHIM CHER-EE」を踊った。
着慣れないドレス(左)を着たのは良いけど、メイクは拒否
七五三の時、髪を結うまでは良かったけど、メイクをされたら泣き出したフロル
華美なものを嫌う性格だったあの頃・・・

今年は眠りの森の美女の「Riddle diddle 123」、写真中の紫の衣装。
「ちゃんとメイクもして!」と、フロルから言われた・・・
相変わらずスカートを好んで履かないけど、バイオリンリサイタルの服(写真右の白いやつ)は自ら進んでドレッシーなタイプを選んだ。

今でもシャイなフロルだけど、カメラを向けられればスマイル、舞台に上がっても恥ずかしそうではあるけど客席に向かって微笑むこともできるようになった。
これは、周りの影響が大きいなと、つくづく思う
親が言うことに反発する年齢ですからね。周りの良い影響だけを受けて欲しいですね。

**************
グリムス君、エコに関する話題を書くとグンと成長するみたい。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:子供の成長 - ジャンル:育児

【 2009/06/18 08:45 】

| About kids | コメント(2) | トラックバック(0) |
<<失敗月餅と見栄えの良いレモンムース | ホーム | 第755回「掃除したらこんなものが出てきました」>>
コメント
--- Miwaさんへ ---

ありがとぅv-290
我が子ながら、良い意味で擦れてないなぁと思う。
お互い子ども達と自分自身(笑)の成長が、まだまだ楽しみだよねv-218
Hidemi * URL [編集] 【 2009/06/20 11:16 】
--- ---

見守るHidemiさんの暖さを感じながら、子供達も素直に成長してる様子が分かるわぁ~。
小学生の時期って、成長も著しいもんね。背丈が伸びるだけでなく、精神的にもかなり成長するよね。
色々習い事をするってことは、それだけ取り囲む人が増えてくるし、色んな影響も受けるよね。
確かに良い影響だけを受けて欲しい。そして、だんだん良くないものを拒めるように成長して欲しいですね。
Miwa * URL [編集] 【 2009/06/19 04:25 】
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://gracias.blog5.fc2.com/tb.php/402-3f667673
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。