スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
ルスの願い
先月、ダラームービーで"Shorts"(クリックするとYouTubeへ飛びます)を観ました。
願いを叶えるウィッシングストーンを奪い合う、ドタバタ的なコメディ映画。
大人の願いは腹黒く、子ども達の願いは「おいおい、そんなこと頼まないで!!」と、スカッと笑える映画。

それから数週間経ち・・・ルスに「もし、ウィッシングストーンがあったら何をお願いしたい?」と聞かれた。

私の頭の中は『健康でみんな楽しく生きていければいいなぁ・・・でも、永遠の命は欲しくないし。あ、でも一つしかお願いできないとしたらそうだなぁ・・・』と、もやもやと考えていて。

で、質問に質問で切り返すことにした。

そしたらルスは「僕は、ずっと世界が平和であることを願いたい。」と、さらりと言うのだ。

それで、以前友人から借りた「Three Cup Of Tea」の話になり、「The Breadwinner」と言う本も読んだけど、戦争しても好いことないから止めて欲しい。
戦争すると人の心が汚くなって、あの本のようなことが起きるから争いをせずにずっと平和であって欲しいんだ。と言っていた。
Three Cups of Tea: One Man's Journey to Change the World... One Child at a TimeThree Cups of Tea: One Man's Journey to Change the World... One Child at a Time
(2009/01/22)
Greg MortensonDavid Oliver Relin

商品詳細を見る


この本は友人の勧めで私が読むために借りたのだけど、私よりもルスの方がさっさと読んでしまった。
「登頂が困難といわれるカラコルム山脈に、23歳で亡くなった妹の鎮魂のために登頂するグレッグがK2で遭難しかけた。そこをポーターに救われ、迷い込んだ村の長老と運命的な出会いをします。村の子どもたちが、教室もペンも教科書もない場所で、一週間に数回しか来ない先生を待って自習している様子を見た彼は、村に学校をつくることを決心しアメリカに戻る。職も家も失い、タリバンに誘拐されても決してあきらめず、長老との約束を果たし、いまではパキスタンに60以上の学校をつくったという感動の実話。」
日本語版はここに学校をつくろう!

The Breadwinnerは、タリバン政権下のアフガニスタンの話。女性は男性同伴でなければ、一歩も外へ出られない。父をタリバン兵に連れ去られ、食糧もつきたパヴァーナの家族が生きのびる唯一の道は?…家族を飢えから救うため、十一歳の少女パヴァーナは髪を切り、少年となってカブールの町で働きはじめる。難民キャンプで取材したアフガン女性の話を元に、タリバンに支配されたカブールのようすと人びとの暮らしを描く。「わたしたちがここで生きていることを忘れないで!」(Amazonより抜粋)

日本語版は生きのびるために (外国の読みものシリーズ)続編もあります。

日本語離れで、日本語の本を読まなくなってしまったけど、読書好きは変わらず。
読み聞かせを続けた効果はあったのかなぁ。

子どもって親がくどくど言わなくても、いつの間にかいろんなことを吸収して育っているのだなぁあと感心しました。

Shortsからこんな展開があるとは思いもしなかった。


ご訪問ありがとうございます。
人気ブログランキングへ
一日一回クリックしていただけると嬉しいです

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:音楽・映画・DVD - ジャンル:趣味・実用

【 2009/12/15 22:38 】

| About kids | コメント(2) | トラックバック(0) |
<<Julie & Julia | ホーム | ホワイトチリ>>
コメント
--- Miwaさんへ ---

知らずと親の背中を見ているというけど、悪い部分は目をつぶって欲しいと思う。
私の子らしいかなv-425
Miwaさんの紹介がなかったら読むことなかったかもしれないから、切っ掛けをありがとう!!
Hidemi * URL [編集] 【 2009/12/17 14:48 】
--- ---

この映画も面白そうだね。チェック!
Three cups of teaの著者は、Stones into Schoolsという本を12月に出したようです。彼の願いが、多くの人に伝わると言いな、と思います。
ルス君の答え、彼らしい…と言うか、Hidemiさんの子供らしいなと思ったよ♪
Miwa * URL [編集] 【 2009/12/17 07:30 】
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://gracias.blog5.fc2.com/tb.php/499-8954f3b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。