スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
星を見る会 火星
火星が6万年振りに大接近しているということで、話題になっていたけど。。。火星儀とやらが売れてるんでしょ!?
子ども科学館で火星を見る会があり、行きたいな~~と思っていたけど、悪天候続きで見れなかったの。
昨日、漸く行ってきました!
思うことはみな同じでものすごい人でした。
ディズニーランド顔負けの列。。。。
展望台の中には入れたのは1時間後でした。(-_-;)関係者の方も思わぬ大盛況ぶりに嬉しい悲鳴???待ち時間の間もみんなが飽きないように、星座の説明などしてくれました。
彦星と織姫が判って良かった。小中高の頃はよく星座も勉強して詳しかったけど、ちょっと離れると「あれ???白鳥座の頭ってどれ??」って感じ。判るのは北斗七星とオリオン座。

数年前オーストラリアのエアーズロックへ行った時のことを思い出した。
夜、ちょっとした丘に行くと本当に真っ暗なの。怖いくらいに真っ暗。見上げると満天の星。
南十字星を見に行ったけど、空全体が天の川のように星だらけで驚いた。感動したなぁ~~。
あの夜空を子供たちにも見せてあげたい。
まあ、オーストラリアまで行かなくても、山に登ればみれるかな?南十字星は見れないけど。。。

とにかく、火星の南極が見られて良かったです。
関連記事
スポンサーサイト
【 2003/09/14 16:57 】

| Life in Japan | コメント(0) | トラックバック(1) |
<<阪神、日本女子柔道おめでと~♪ | ホーム | Profile>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://gracias.blog5.fc2.com/tb.php/60-0db9eb19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
星を見るについて
星を見る星を見る (ほしをみる) ことは天文学とは別の世界である。天体観望とも言う。それは、「火山学」と「火山を見ること」が違うようなものである。火山を見て楽しむのに火山学を知る必要がないように、星をみて楽しむのに、必ずしも天文学を知る必要はない。星座を知っ 天文・宇宙を知る【 2007/03/25 13:21 】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。