スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
Flabby
ストレスが家庭内で解消されないと、外で発散しますよね?
スポーツなどの趣味で発散できれば良いけど、人へ悪い形で発散するのは困りものです。

うちの子たち、みんなポーっとしたタイプだけど、思いやりがあり平和主義。
うっかりするといじめの対象にもなりかねない。

ある時、マルが泣いて帰ってきたんです。
スクールバスの中で、友達(Aくん)が突然、マルが別の友達と交換したシリーバンド(うちの現地校ではまだ健在です)を投げられて無くしてしまったとのこと。
フロルも一緒のバスだったので、その様子を見てて私に報告してくれました。

Aくんは違うクラスで、バスが一緒。
普段は遊ばないし、私はAくんとは顔見知り程度。
子どもってとっさに訳のわからない行動に出ることもあるから、この時は様子を見ることにしました。
無くなったシリーバンドは、フロルの友達が拾ったので翌日返してもらえました。


それから帰宅したら、また嫌なことをされなかったかハグしながら確認。

その翌々日は"Flabby"と言われたって、マルくんちょっと目を潤ませてました。
※flabby=ぶよぶよ、デブってこと。

どうやらAくんは、今までも他のお友達に嫌がらせをして(バスの中で)バスドライバーに注意を受けたこともあったそうです。

Aくんにとってはちょっとした冗談のつもりかも知れないけど、子どもが泣いてたりシュンとしているのは親として黙って見てられません。
まして、そんな落ち込んだ子に「大したことない、我慢しなさい。」なんて言えません。
やっぱり、Aくんのやってることは間違ってますからね。小さなことでも、やっていけないことを教えないと。

それからすぐに、マルの担任へこの件を連絡しましたよ。
先生の対応が早く、Aくんの担任へ連絡が行き、翌日にはAくんに注意が行きました。
そして担任から、マルを助けたいから、また何かあった時はすぐに知らせてくださいと言ってもらいました。

偶然だと思うのですが、その日の午後に全校生徒をジム(体育館)に集めて"bully"についての講義がありました。
※bully=いじめ

人にこんなことをするのは良くないという話しはもちろん、嫌なことをされた時の対処法、自分を守るために物やお金をあげるのはいじめを繰り返す原因となる。など、子どもにわかりやすく説明されたそうです。

Aくんはその日から嫌がらせをしなくなりました。
もし、同じようなことがあったらバスドライバーに伝えて席を替えてもらうつもりです。

今回、先生が早々に動いてくれましたが、こういう先生ばかりじゃないですよね。
全く対処してくれない先生もいるらしく…そういう時は直接その子に親が毅然とした態度で接する。
もちろん、本人が「やめて」とか「そんなことするなら先生に言うからね。」など直接言えるのが一番いいですけど。

そして、嫌なことがあった時、親に話せる環境も大切。
悲しいことに…親に遠慮したり、心配かけたくないからと自分の中で我慢しちゃう子もいるので。


ご訪問ありがとうございます。
    ElemiGumリンクバーナー 
                    今日もステキな日でありますように  






関連記事
スポンサーサイト

テーマ:海外で育児 - ジャンル:育児

【 2010/10/31 07:22 】

| About kids | コメント(6) | トラックバック(0) |
<<Inception | ホーム | Paul McCartney Michael Jackson - Say Say Say>>
コメント
--- pandaちゃんへ ---

pandaちゃんちも問題起きたことあったのね。
優しいよね、次男君。
子どもが教えてくれなかったら気づかないことって多いよね。
反抗期に入ると、勝手に悶々とされ当たられて、困ってしまうからねぇ・・・。
まだまだ先は長いねv-218
Hidemi * URL [編集] 【 2010/11/06 10:39 】
--- ---

マルくんの担任もちゃんとした人で良かった^^
うちの2番目も現地校のバスの中で叩かれたり、自分の作品を壊されたり・・・
すぐに担任に話しバスドライバーとも連絡をとってくれて、すぐに対処してくれたから良かったケド、そんな人ばかりとは限らないものね。。
子供が親に話せる環境・・・
本当に大事だと私も思います。
panda * URL [編集] 【 2010/11/05 23:27 】
--- よしえさんへ ---

次、同じようなことがあったらレッドカードみたいですよ。
マルは3番目で、甘えんぼさんだからね。
駄目な事は「ダメッ」って言える子だと思ってたけど、自分のことになると言えないのかも。
今回、兄姉が一緒になって怒って、マルを援護してくれたことは嬉しかった。
しばらく、要注意ですね。
Hidemi * URL [編集] 【 2010/11/01 12:34 】
--- ナナエさんへ ---

Aくんね、そんなに悪い子じゃないし、お母さんもきちんとした感じなのよね。
やんちゃな時期と言うか、兄弟もいるし何かストレスがたまってるのかもね。
もらい泣きしないでねぇ~マルは私達の愛で元気になってるから^^
Hidemi * URL [編集] 【 2010/11/01 12:28 】
--- ---

アメリカでは、そういうところ、学校が毅然とした態度を取れる点でいいですね。
親に対しても子に対しても、「いじめたほうが悪い」ということを徹底的に言える。
直らないようなら校長面接や、停学、退学なんてこともあるし。(あ、公立小中学校は、もしかして退学はないかも)だから、いじめた側の親は平謝りだし、やりやすい。
日本は、いじめたほうにも配慮して指導をするから、いじめたほうが言い訳して馬鹿な親が、その援護。だからいろいろグチャグチャになるんだよね。
マルちゃんかわいそう。(←3番目の子?)
いじめはアメリカでもどこの国でも存在するからね。
言い返せるぐらいの度胸がもてるといいね。
、、ま、でも、言い返さない、悪いやつに対しても心の優しいところがマルくんのいいところなのかもね。
ちょっとの間、心配だけど、フロルちゃんにも気をつけて見てもらって、同じようなことがあれば注意してあげたり、即ドライバーに言えるといいいね。
よしえ * URL [編集] 【 2010/11/01 06:52 】
--- ---

先生がいいひとでよかったですね。

A君はあんまりよくない家庭環境で育っているのかもしれないですね。

マルが泣いて帰ってきたなんて、
私も泣きそう…e-259
ナナエ * URL [編集] 【 2010/11/01 00:18 】
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://gracias.blog5.fc2.com/tb.php/695-964369c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。