スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
2泊3日のキャンプ
昨年、ルスが参加したキャンプは、楽しいだけでなく精神的成長が見られたので、今回は子ども3人と私もボランティアとして参加しました。キャンプサイトはDelawere State Park

日本ではママ友達と子連れ数十人で森のロッジに宿泊したり、時には数家族で友人のご主人にテント張りを手伝ってもらってキャンプしましたが1泊2日が殆ど。
テントを張って1泊以上のキャンプというのは子どもの頃に経験はあるものの、自分が親になってからは初めての経験。
しかも、過去最高人数の子ども達34名を大人&大学生数名でフォローする。

Juk Academe サマーキャンプ

まずは自分達でテントを張り、湖で泳いだり、カヤック乗りを指導して頂いたり、森の散策、スイカ割りなどのアクティビティ。グループに分かれて食事作りから後片付け、テーマに沿ってのディスカッション、発表などもあり内容の濃いキャンプでした。
テーマは「生きる」ということ。

何でも揃っている便利な日常生活から離れ、何もない自然の中での生活。お互いに信頼し、協力し、助け合うことの大切さを学ぶ。また、グループ分けは学年で振り分けているので、高校生がリーダーシップをとりメンバーを誘導します。下級生も自分のことは自分で行い、できることを自主的に探し出し協力していくことで自立を促し自信が持てるようになっていく。

この夏最高の暑さの中どうなることかと思いましたが、子ども達もよく頑張りました。
みんなとってもピュアで、しっかりした自分の意見も持っていて、私も助けられ共に学ばせて頂きました。

「最近の若者は・・・」という声を良く耳にします。
「こうなったのも今の親が・・・」とか、学校教育のあり方を指摘したりとか。
子育ては人事じゃなく、
学校、家庭、地域が相互に連携しつつ、社会全体で取り組むことが大切だと見直されています。

日本で子ども達が通っていたさつき幼稚園では「生きる力を育てる」がキャッチコピーでした。
「いのち」を大切にする豊かな心を育む教育プログラムは貴重です。


8月にも第2弾のキャンプがあります。
お問い合わせは塾アカディームへ。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:生きる - ジャンル:ライフ

【 2011/07/23 10:48 】

| About kids | コメント(2) | トラックバック(0) |
<<ボランティア | ホーム | 洗礼式>>
コメント
--- Miwaさんへ ---

そうだよね。
帰国前にこの様なキャンプを体験できて良かったよ。日本に戻り、何が待ち受けているかわからないけど必ず何かの助けになると思いました。

Hidemi * URL [編集] 【 2011/07/24 22:15 】
--- ---

勉強だけでなく、大事な事を学べるって、素晴らしいですね。

>子育ては人事じゃなく、学校、家庭、地域が相互に連携しつつ、社会全体で取り組むことが大切だと見直されています。
昔は、自然に出来ていた事ですよね。
子育てだけでなく、高齢者の介護問題もそう。私も地域密着を掲げる職場で、同じ事を考えていました。
ハードウエアは必要だけれど、各個人の考えや行動と言う意味でのソフトウエアも大事ですよね。そう考えると、やっぱり「教育」って大事だと思うんですよね。
Miwa * URL [編集] 【 2011/07/24 07:58 】
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://gracias.blog5.fc2.com/tb.php/774-991cfbda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。