スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
悲しむ者は幸いです
聖書の言葉は時に難しく、普通に理解できないことがあります。
神の国の言葉であり、奥深く・・・。

新約聖書マタイの福音書5章の中にイエスさまの語る「幸い」について記されていますが、そこも私には難しく何度も何度も読み返した部分でした。(下部に転載してます)

帰国が近づくにつれ、不安はないものの、喜びよりも寂しさと悲しみが強まりました。
旅立つ者より残される者の方が寂しいと言いますが、
日本からコロンバスに来る時は「何れ戻る」という余裕があったけど、今度は戻れる確約もない。
ここには、日本に戻る友人達とそうでない友人がいる。当たり前だったことが失われる。

空港で皆と別れてからは涙々で、心にポッカリと穴・・・どころじゃなくて、とにかく心を強めて頂ける様、癒して頂けるよう祈るしかなかった。

「悲しむ者は幸いです。その人は慰められるからです。」(マタイの福音書5:4)

悲しめば悲しむだけ神様の愛を感じました。

帰国後、友人から届いたメール・・・

ある先生が別れを悲しむお子さんを見て 
「それは悲しかったね、さびしいね、でもそんな友達がいるなんて◯◯はとても幸せね。本当に幸せ」
と慰めてくれたそうです。

“ You can make new friends, but you can't make old ones. ”

そうですね、幸せなんですね。

幸いに美しく

日本に到着して、見上げた空は幸いにも美しく。

帰国者が受ける、逆カルチャーショックが全くない訳ではないけれど、その中で悪い部分ではなく、良い部分を心に留めていこうと思いました。

いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。すべての事について感謝しなさい。
( テサロニケ人への第一の手紙 5 : 16 ~ 18 )

失ったものではなく、持っているもの残されたものに感謝し、過去に頂いた恵みや新たな恵みを数えることで、心が強まります。
ありがとうございます^^

移動中の夕日+++++++++++++

マタイの福音書5:1-12

1 この群衆を見て、イエスは山に登り、おすわりになると、弟子たちがみもとに来た。 2 そこで、イエスは口を開き、彼らに教えて、言われた。 3「心の貧しい者は幸いです。天の御国はその人のものだからです。  4 悲しむ者は幸いです。その人は慰められるからです。  5 柔和な者は幸いです。その人は地を相続するからです。  6 義に飢え渇いている者は幸いです。その人は満ち足りるからです。  7 あわれみ深い者は幸いです。その人はあわれみを受けるからです。  8 心のきよい者は幸いです。その人は神を見るからです。  9 平和をつくる者は幸いです。その人は神の子どもと呼ばれるからです。  10 義のために迫害されている者は幸いです。天の御国はその人のものだからです。 11 わたしのために、ののしられたり、迫害されたり、また、ありもしないことで悪口雑言を言われたりするとき、あなたがたは幸いです。 12 喜びなさい。喜びおどりなさい。天においてあなたがたの報いは大きいのだから。あなたがたより前に来た預言者たちも、そのように迫害されました。」
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:人生を豊かに生きる - ジャンル:心と身体

【 2011/10/01 16:24 】

| Live | コメント(8) | トラックバック(0) |
<<友人の優しさ | ホーム | 着実に・・・>>
コメント
--- yukakoさんへ ---

一時帰国の度に浦島花子ですよ(笑)
携帯の契約で悩んだあげく選んだ機種・・・後で友人から「若者仕様」と言われました。
まだ、十分に使えてません(泣)
家電を選ぶのも一苦労どころじゃなく、リサーチしつつ選びましたよ。
ご近所も家がグンと増えてるし・・・、人の波に埋もれて行く感じ。
毎日思うことは、寂しいと思える素敵な思い出を頂けたことも恵みであり、新たな生活でも沢山の恵みを頂いていること。本当に感謝しきれません。
Hidemi * URL [編集] 【 2011/10/10 01:07 】
--- お久しぶりです ---

お帰りなさい。そろそろ浦島太郎の気持ちも分かる頃なのではないでしょうか?私自身は2年と数ヶ月の海外赴任でした、しかも一時帰国はその間でも数回あり。しかし2年の月日のスピードは速い@@と感じて今を過ごしています。特に家電・携帯・スイカなどのカード社会など。。には未だに、、、、、苦笑
さて、先日タイで過ごしたインターのyear book dvdバージョンを友人から受け取りました。確かにそこに存在した子供達の様子を見て涙が溢れてきました。寂しいとか、悲しいというのは余り感じず生活をしていましたが、確かにそこに「幸」があったと実感した瞬間でした。悲しむのはその前に幸や努力?イヤイヤ暖かさがあった証拠ですね。だけどそういう悲しみは、素敵な思い出や次へのstepへの力に必ず変わると私は信じています。ハイ!!実感中です^^あぁ勿論!悲しみや辛さも人を成長させるエッセンスですね^^そう!!これがなくちゃ人として成長するのは不可能ですものね。新生活は何かと慌しいスタートだと思いますが、ゆっくり・ゆっくり進んで下さい。長々と失礼しました
yukako * URL [編集] 【 2011/10/09 00:48 】
--- YJさんへ ---

一時的に会えるのは嬉しいけど、やはりそこで生活していたという感覚とは違うし、
お金を持って自分の力で行くのと、神様に導かれて行くのとも違くて、そこが辛い。
でも、会いにいくからねv-207
Hidemi * URL [編集] 【 2011/10/05 23:04 】
--- さくらさくさん ---

ただいま・・・です。
日々、大切に生きたいですね。
今は、以前の忙しさがなくのんびりできていますが、生活が軌道になると忙しくなってくるのよねぇ・・・。
できるだけ、自然の中の小さなことに気付ける生き方したいです。
Hidemi * URL [編集] 【 2011/10/05 22:58 】
--- 凹みを埋める言葉はいかが?? ---

お金と時間があれば、帰る場所はたくさんあるって事を、お忘れなく!!!
そして節約頑張って下さい。
ココロはいつも一緒だけど、会える日も楽しみにして待ってます。
それにしてもSkype&FB大活躍ですね!!
YJ * URL [編集] 【 2011/10/05 11:00 】
--- ---

Hidemiさんのブログを読むと、『毎日を大切に生きている人の言葉だな』と感じ入ります。(^^)私も、人から見た私は、強くて落ち込んだりしないように見られてしまいがちなのですが、嫌なことがあった時には、『自分に必要な出来事だった』または、『私の問題ではなく、その人自身の問題をたまたま私にぶつけられた』と2種類に分別?してます。改めて、日本へ、おかえりなさい!
さくらさく * URL [編集] 【 2011/10/04 22:46 】
--- Miwaさんへ ---

つくづく、今の自分は恵まれてると思う。
ブログには凹んでる時のことはあまり書いてないし、端から見たら華やいだ生活に見えてるだろうな・・・。
人生いろいろだよね。
Hidemi * URL [編集] 【 2011/10/04 00:30 】
--- ---

悲しんだ分だけ、喜びは大きくなるよね。逆もまた然り。アメリカでの生活が充実したものであった分、帰国してからの寂しさは大きいかもしれないね。
アメリカの生活が恋しく思う時、アメリカで頑張ってた自分がとっても愛おしく思える。いつか現在の自分を愛おしく思えるように、今・毎日を充実したものにしようと思ってます。
Miwa * URL [編集] 【 2011/10/03 21:59 】
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://gracias.blog5.fc2.com/tb.php/784-9d403ea4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。