スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
日本の食育(1)
日本に戻り、小中学校の指導の中で特に優れてると思ったのは、家庭科や給食の時間を使った「食育」。
おまけに子ども達の通う小中学校には、小さな畑があり野菜作りをしている。昨秋にはフロルとマルがサツマイモを沢山持ち帰ってきて、焼き芋やスイートポテト、芋入りマフィンなど美味しく頂きました

昨年12月には「お弁当の日」があり、給食ではなく自分で作ったお弁当を持っていく日がありました。
小4のマルは親と一緒に献立を考え、親に手伝ってもらいながら作る。
小6のフロルは自分で献立を考え、一人で作る。いきなり献立は難しいので、家庭科の授業でいくつか簡単な総菜の作り方を習い、それからお弁当の中身を計画してました。
中2のルスも授業中に献立を考え、作り方は家で指導しました。煮物とかキンピラ作れる中学生って渋いよね

当日のお弁当の写真です^^ 
ルスのお弁当、私が目が覚めた時には出来上がっていました。
ルス弁
フロルのキャラ弁に驚き!自分でいろいろ調べて仕上げてました。
リラクマ弁
マルのお弁当・・・ピーマンの肉詰めと煮卵、スライスチーズで卵の形に切って飾ってました。
マル弁

こちらは2月のお弁当の日 フロル作
うさ弁
マメですなぁ・・・

アメリカの子ども達も自分でお弁当を作る時あるけど、具材をパンに挟むだけのサンドイッチ、フルーツやチーズをランチボックスに詰めるだけ・・・かな。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育

【 2012/07/07 21:45 】

| Life in Japan | コメント(4) | トラックバック(0) |
<<大地の詩 | ホーム | スイッチは押されるのか?>>
コメント
--- ナナエさんへ ---

マルのお弁当はお手伝いしたけど、それ以外は全く手伝ってないのよ。
私も驚きました^^
Hidemi * URL [編集] 【 2012/09/27 23:01 】
--- ---

ええ~~
これHidemiさんが作ったんじゃないんですね?!

すごすぎます…

マメなとこはHidemiさんに似たんでしょうね
ナナエ * URL [編集] 【 2012/09/24 09:06 】
--- あきこさんへ ---

お久しぶりです!!
アメリカでも健康的な食事についての授業があるけど、実行出来てないからねぇ・・・家庭によっては気をつけてるところもあるけど。
家庭科で男の子もお裁縫も習うし・・・、先日、小5のマルがズボンの切れた部分を縫い合せてました。
hidemi * URL [編集] 【 2012/07/19 00:56 】
--- ---

お久しぶりです。

食育は大切なことですよね。 それを認識して学校のカリキュラムに取り入れてくれるに本の学校はすばらしいです。

アメリカの給食なんてファーストフードばっかりだし、栄養のバランスなんて全く考えもしないものばっかり。

私の旦那に、日本じゃあ家庭科で男の子も女の子もお料理習うし、旬のものを食べるのが一番おいしくて栄養価高いって小学校で習うんよ、っていったら感心してました。
あきこ * URL [編集] 【 2012/07/12 11:39 】
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://gracias.blog5.fc2.com/tb.php/802-793789ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。