スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
教師が生徒に合わせる
先日、鹿沼市立みなみ小学校へ訪問させていただきました。

5年前から、必要のある児童一人一人に応じた特別支援教育を学校体制で行い、着実に成果をあげています。
県外からも教育関係者の視察が毎週のように続き、そのあり方が注目されています。

全校児童約240名、始業までの朝の学習(パワーアップタイム:週3回 各15分)に通常教室、パソコン室、図書室、空き教室へ児童がそれぞれの課題で分かれていきます。

パワーアップタイムでは、約2割の児童が小グループに分かれて基本の読み、書き、計算をICTやプリントを使って学び直しをしています。
面やおはじきを使って10の合成、パソコンで勇者計算騎士ナリガイガーを使ったり、DSやデジタル教科書を利用したり様々な工夫をされていました。
週1回のテストで児童の様子を把握し、実態に合った課題別の教育支援をして、教室でおこなう学習について行けるようになってから教室に戻すそうです。
必要な児童には1、2校時に取り出し教育を続けます。

パソコン室はカーペットが敷かれているので、上履きを廊下で脱ぎます。
その時に「上履きが乱雑になっている子は、心も乱れているので名前を確認して、こちらも把握して気をつけていきます。」と、案内して下さった先生の言葉も印象的でした。

また、「立腰教育」を取り入れ、「起立着席」は省いていました。
クラスによっては黙想をして心を整え、点呼では自分の様子(少し気分が悪いなど)を伝える場もありました。

原田浩司校長が平成20年に着任したとき、子ども達の荒れがあったそうです。
児童の実態(何がそうさせているのか、何がわからないのか)を把握し、様子を保護者に伝え、特別支援教育を積極的に進めていくことで、問題行動が激減したそうです。
実際に見学して、子ども達の生き生きした表情と相手を思いやる様子から、先生方の対応が適切であると感じられました。

また、校長先生のお話の中で共感し印象に残った言葉。
「座って授業を受けているからOKではない、一人一人の学び難さを見極める。」
「平均点ではない、その子の持っている能力を伸ばす。」
「子どもがパニックを起こしたとき、静かに見守り落ち着いてから話しを聞く。」
「育成環境に問題がある場合も、受けとめれば変わってくる。」
「特別な部屋がなくても、職員室に来てもらえばいい。」
「ヤジの多い学校だったが、わからずに言ってるので怒らずに、悪いことだと伝えていく。」
「怒鳴らない、人権を守る、自分を大切にしてもらったら人を大切にできる。」

原田校長を始め、先生方の熱意を感じました。
日本の小さな学校が、工夫を凝らして特別支援教育を行う様子は、話しに聞くよりも実際に観た方が理解できました。

アメリカは日本よりもスペシャルエデュケーション(特別支援教育)が進んでいます。私達は駐在中、当たり前のようにその中で過ごしていました。同じような環境にあった子ども達が日本に戻り、学び難さを感じて不具合を起こすケースもあります。
家の子ども達が日本の学校に戻って一番驚いていたのは、先生が怒鳴って叱ること・・・。
私自身もそうですが、いのちを育てる者として、どうあるべきか考えさせられます。

特別支援教育をすぐ実行するのは難しいかもしれませんが、教育者としてのあり方はどこの学校でも取り入れられることだと思います。
子ども一人一人を尊重し大切に育てていける社会になることを祈ります。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育

【 2012/12/22 00:40 】

| About kids | コメント(2) | トラックバック(0) |
<<Gingerbread House | ホーム | 発達凸凹・・・知っていて欲しいこと>>
コメント
--- yokoさんへ ---

とても努力されている学校です。
まだまだ試行錯誤、変更しながら取り組まれています。
「塾でやることを学校でやってます」と話してました。
通常、「学校はここまで、あとは塾で・・・」だから、先生にリクエストしてもシステム的に無理だよね。
現状は、「こうしたい」と思ったら家庭でやっていくか、塾など良い先生を見つけて個別にやっていく必要があるよね。
Hidemi * URL [編集] 【 2012/12/22 22:51 】
--- ---

すごく、理想的な学校だね~!
私が、感じるのは、(子供たちが通う)学校は、先生たちは熱心だけど、とても忙しそうで、親からリクエストが伝えづらいのだよね。自分の子供だけ特別に扱ってほしいというように聞こえたらどうしようかな?とか
後は、怒鳴る先生は多いよね(笑)まぁ、そういう先生はドライな性格の人が多いらしく、男の子には人気みたいだけど、女の子とその親からの評判は悪いよね・・・。
熟年の経験を積んだ先生より、若い先生の方が、熱心で、理解してもらえるな~と、感じることが多いです。
yoko * URL [編集] 【 2012/12/22 10:23 】
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://gracias.blog5.fc2.com/tb.php/814-0924dec5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。