スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
ママの心がラクになるように
やっぱりおかあさん」で触れたことは、弱っているママには却って自責してストレスをあげてしまうかもしれない・・・そう思いつつ、自分の気持ちを確認するような覚え書きのようにしました。
その時はみんな一生懸命で、あとで後悔することがあっても、その「時」は取り戻せません。
でも、気づけたのだから今からでも変えられる、それが大切なことだと思います。


シック・マザー 心を病んだ母親とその子どもたち (筑摩選書)シック・マザー 心を病んだ母親とその子どもたち (筑摩選書)
(2011/06/15)
岡田 尊司

商品詳細を見る


子育てしている両親が健康とは限りません。
身体疾患、うつや不安障害、依存症や発達障がいなど精神的疾患や障害を抱えながら、孤独に子育てしているケースも多く、不安定な親に育てられる子ども達に及ぼす影響を検証、克服方法を提示します。

シック・マザーによく見られる傾向というのは、ネガティブな認知と感情的な過剰反応、子どもを自分の問題に巻き込む、潔癖さとあら探しの傾向、子ども自身への関心の乏しさ、ひきこもり傾向や社会的スキルの乏しさ、気まぐれで、一貫性を欠いた対応、管理の欠如または過剰、ひきこもり傾向や社会的スキルの乏しさ、母性的なぬくもりや柔軟性の欠如(世間体や理想などの固定観念、こだわり)などで、一見理想的な家庭に見える家族にも潜んでいる可能性もあるとのこと。

あぁ〜私もそういう時あったかもぉ〜って思ったり。

母親の不調が、子どものどの発育段階で起きたかということも重要とのこと。

0−3歳までの乳幼児期に愛着の絆がしっかりと形成されると半永久的な持続性を持つので、母親(周りの大人たち)が子どもの要求を感じ取り、すぐに必要なものや慰めを与え、安心と抱擁で包む「安全基地」となるべき。(愛着障害~子ども時代を引きずる人々~ (光文社新書)より)

とあるように、この時期に、母親の不調で子どもに対して十分な関心や世話を与えることが困難な場合、愛着障害や不安定型愛着を生じやすく、子どもは親に対して否定的なイメージを持つだけでなく、自分自身に対しても否定的なイメージを持ちやすい。自尊心が育たないのですね。
また、この影響によりADHD(注意欠陥/多動性障害)や特定不能の広汎性発達障害に良く似た特徴を引き起こす可能性もあるとのこと。ここでは脳の機能不全だけが原因ではないということです。(発達凸凹)。


愛着崩壊子どもを愛せない大人たち (角川選書)でも愛着(アタッチメント)システムが不安定になれば、必然的に社会の絆も不安定になり、社会全体がつなぎ目を失って崩壊していくことになると懸念されています。

シックマザーご自身が、シックマザーに育てられたケースもあり、増加傾向にあるというわけです。

この連鎖を打ち砕くために、この本では周りの人が何をすべきかが提示されています。
今の私にできることは友人達と癒しの時をもち、悩みを聞き合い、励まし合うこと。
子ども達の心を育て、子ども同士の支え合いができるように応援すること。

佐々木先生の著書”いい人間関係ができる子に育てたい”の中で「心の傷があって子どもをかわいがれない親は、自己分析をする。自分の気持ちの中にあるそういうものを、じっと見つめてみることが大切。どんなキズを負っているかを意識理解してなおしていく。自分のことを大切に思ってくれる友人、知人を求めること。育児センターの人、保育園の園長か。別の機関の治療者かはわからないけど、そういう人と出会うことが大切。そういう問題に精通している専門家はその人を理解して受容してくれます。」「いらだって辛い時は、子どもを預ければいい。あなたの責任ではないと言うことを心からわかってもらえば、お母さんは安心して預けることができるし、自分の気持ちを癒すことができる。癒してからまた子どもを引き取る。自分の責任だと思って変に我慢したり、自分で自分を追いつめたりして泥沼にはまってしまうということがある。欠落しているものは皆に応援してもらいながら埋め合わせていく。そこで負い目や自己嫌悪、劣等感を感じることはない。(要約してます)」とおっしゃってます。

けして、悩んでいるのはあなただけではないです。
手を差し伸べてくれる人は、必ず側にいます。

「今のあなたでいいんですよ」というメッセージが何度も出てきて、励まされます。

ママの心がふわりと軽くなる 子育てサプリ―そのままのあなたで大丈夫!  (Como子育てBOOKS)ママの心がふわりと軽くなる 子育てサプリ―そのままのあなたで大丈夫! (Como子育てBOOKS)
(2012/05/16)
佐々木 正美、松本ぷりっつ 他

商品詳細を見る


水島広子先生の下記の本も参考になるかもしれません。

お母さんの心がラクになる!怒らない子育てお母さんの心がラクになる!怒らない子育て
(2012/08/02)
水島 広子

商品詳細を見る


自分でできる対人関係療法自分でできる対人関係療法
(2004/08)
水島 広子

商品詳細を見る


ママが大変なように、先生たちも大変なんですよね・・・。うまく調和していけますように。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自分にできる事から - ジャンル:心と身体

【 2012/12/29 01:05 】

| Life in Japan | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<たのみますよ | ホーム | なぜ日本の若者は自立できないのか>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://gracias.blog5.fc2.com/tb.php/818-ec0d7315
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。