スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
世界から猫が消えたなら
マルが読んでみたいというので、図書館で借りた1冊。

世界から猫が消えたなら世界から猫が消えたなら
(2012/10/25)
川村 元気

商品詳細を見る


余命わずかと宣告された30歳の郵便配達員が、突然現れた悪魔から「世界から何か一つ消して、それと引き換えにあなたの寿命を1日ずつ延ばすことができますよ」と言われる。郵便配達員は戸惑いながらも、日常にあってあたり前のものを消して、自分の寿命を延ばす取引を始めますが・・・。

悪魔が軽い調子で話すのが笑えて、トントン読めてしまいます。小6のマルには、内容的にちょっと早いかな・・・と思っていたのですが、気付いたら1日で読み終えてました
郵便配達員の最後の選択、母親の残した手紙の内容など、感動したと話してくれました。

著者のインタビューの中で「聖書の創世記にある”神様が月曜から土曜にかけて世界を創り、日曜にお休みした”この7日間を逆に捕えた」とありました。著者の母親がクリスチャンで、子どもの頃から聖書を読み込んでいたそうです。印象深い言葉が文中にあります。

時間は人間が作った勝手なルール。
太陽が昇って沈む、というサイクルは自然現象として存在するけど、そこに6時12時24時と「時間」を付けて呼んでいるのは人間だけ。人間が世界をあるがままに見ていると勘違いしているが、実は自分たちの都合の良い定義に当てはめて見ているだけ。

自由は不安を伴う。人間は不自由さと引き換えに決まり事があるという安心感を得た。道草の多い散歩の時間も大切な時間。

「何かを失うということは何かを得るということなんだ」逆に言うと「何かを得るためには、何かを失わなければならない」

「あってもなくてもよいもの」こそがこの世界にとって重要なもの

誰とも交わらず、ただゆっくりと、ひとりで大切なものだけを見つめようとしている.その姿の救われた。

人間が猫を飼っているのではなくて、猫が人間のそばにいてくれる

家族は「ある」ものじゃなくて、「する」ものなんだ

などなど・・・、
ふと考えさせられる。
「私にできること」・・・を思う時、もっと家族に愛を注げるものに・・・と思う。

そして、子どもの頃、父と野道を散歩した時のことを思い出した。
一日の出来事を話したり、野の花や虫の名前を教えてもらったり、カマキリの卵を見つけたり、ゆったり流れる時。
特別なところへ行くわけでもなく、心を育む時間をあたり前のように過ごせていたことに、そこで覚えた野の花をみかけると今でも温かな記憶がよみがえる。
私たちは子どもたちに豊かな時を注ぐことができているだろうか・・・と、
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:♪人生・生き方♪ - ジャンル:ライフ

【 2013/08/07 22:51 】

| Recommend | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<手話動画辞典 | ホーム | どんな死に方したい?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://gracias.blog5.fc2.com/tb.php/841-08617818
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。