スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
従姉家族を迎えて
日本から従姉家族が遊びに来てくれました^^

前回から4年ぶりのコロンバスです。

お土産に頂いた麻布かりんと不室屋のふやき御汁、話題の食べるラー油
麻布かりんとう
子ども達へはミニ四駆、フロルにはHIKOSEN CARAのグッズ等など沢山頂きました。
来月には日本へ戻るし、お土産はいらないと伝えたのですが、こうして珍しいものを頂くとやはり嬉しいです

男の子達は早速 作ってレースをしてました。

2年ぶりの再会でお互いの近況を話したり、震災や原発の現状を聞いたり、学校教育についてなど話しはつきません。

2日目は前回行けなかったホッキングヒルへ^^
私の大好きなロックハウス(Rock House)と一番有名なOld Man's Cave(オールドマンズ・ケーブ)へ行ってきました。

ロックハウス(トレイルマップ付)はシェルターのある大きな駐車場の方から入るトレイルの方が目的地がわかりやすいです。
オールドマンズケーブ(トレイルマップ)はLower fallsまで下ってきました。暑かったので、若者達が岩から滝壺へ飛び込んでいました。

余裕があればロックハウスの前にCantwell Cliffsの左から入るトレイルFat Woman's Spueeze辺りも歩きたかったです。

それからウォッシュボードの会社へ。
残念ながら土曜日は午後2時まで、日曜日はお休みなので外のボードの前で記念撮影のみ。
従姉に希望のデザインを確認し、帰国時まで待ってもらうことにしました。
帰りに恒例のHocking Mall Shopping Centerのアイス"Rempel's Grove Ice Cream"を食べて、ヤギに餌をあげたりして(未だにこれを楽しみにしている)帰路につきました。

3日目は日曜礼拝の後、Market District(Giant Eagle)でランチ、それからMid Ohio Indy Carを観戦し、帰り際にAnn;s Raspberry Farmdeラズベリー狩りをしてきました。
ラズベリーは7月末で終わってたり、日曜日が休みの農園が多いので、ここはギリギリ8月上旬もオープンしてる場所です。

お買い物はトレジョーとホールフーズなど。
日本で話題のものなど、ショッピングをしながら教えてもらいました。

あっという間の4日間・・・実質3日間の賑やかな時間を過ごすことができました。


テーマ:お散歩・お出かけ - ジャンル:ライフ

【 2011/08/10 22:24 】

| About kids | コメント(0) | トラックバック(0) |
ボランティア
先日のキャンプにボランティアとして参加しましたが、猛暑の中での外の作業は甘くなかった(汗)
力仕事は避けたい所ですがそんなこと言ってられないし、結果的には中身を熟知している塾長が一番体を酷使していたように思う。

キャンプ場までの往復は数名の保護者に協力して頂き、キャンプ中は3台の車でビーチやマリーナなどへ数回往復して子ども達を移動させる。人数に合わせテントは9つ張り、食料を買い足しに出かけたり、カヤックを子ども達に体験させてくれるボランティア、スイカ割りのために3日目にスイカを運ぶボランティアもいらっしゃる・・・。
いろいろな方の協力があってのキャンプなのですね。

カヤックおじさんは「子ども達にカヤックの楽しさを体験して欲しい。」という願いで、毎年2時間近くかけて来てくださるそうです。去年は息子さんといらしてくれましたが、今回はお一人で10艘を運んで来てくださいました。
ビーチから車までカヤックを運びましたが、帰りは水が入っているので更に重くなってます。
それを一人で車に積んで水を出して・・・使い続けてないと筋肉だって維持できませんよね。尊敬。
このカヤックもご自分の趣味で増えたもので、お礼を期待しているのではなく自分の楽しみとしていらしているそうです。なので、体験した子ども達が楽しんでくれたことが一番の喜びになります。

カヤックおじさんwebに写真掲載の了解を得たので^^

カヤックおじさん、カッコいいです!!
良い出会いでした!!

キャンプの中で被災地ボランティアの話しがあり、食料も水もない所へ「何かしたい」と出かけても、何も持たずに出かけたらボランティアも一緒に被災してしまう・・・という話しがありました。

私自身、軽い気持ちで引き受けたボランティアでしたが、聖書にあるマタイ5:41「だれかが、一ミリオン行くように強いるなら、一緒に二ミリオン行きなさい。」を思いました。1ミリオンというのは約1.5kmらしいです。
1.5km 行けと言われたら、その人と一緒に3 km 行けという訳で受け取りました。
この聖句がここで使うべきか分かりませんが、やるとなったら嫌々ではなく、喜んでとことんやりなさいということかなと。

今回は初めてのことで要領を得ませんでしたが、自分でテントを張るなど寝る場所を確保でき、周りに迷惑をかけず、出過ぎず、お手伝いできる所は喜んでさせて頂くことを心がけたいなぁと思いました。


時々感じるのですが・・・自分の意志ではないのに動かされていると思うことありませんか?
積極的に関わりたくないと思っていることに、いつの間にかその中に立たされていると気付くこと。
これは神様がされていることなのかな・・・と思う。
もしそうであれば、とことんやるべきなのかなと。祈りながら神様の御旨に添えるよう進んでいこうと思う。






テーマ:私たちに出来ること・・・! - ジャンル:福祉・ボランティア

【 2011/07/26 07:04 】

| About kids | コメント(2) | トラックバック(0) |
2泊3日のキャンプ
昨年、ルスが参加したキャンプは、楽しいだけでなく精神的成長が見られたので、今回は子ども3人と私もボランティアとして参加しました。キャンプサイトはDelawere State Park

日本ではママ友達と子連れ数十人で森のロッジに宿泊したり、時には数家族で友人のご主人にテント張りを手伝ってもらってキャンプしましたが1泊2日が殆ど。
テントを張って1泊以上のキャンプというのは子どもの頃に経験はあるものの、自分が親になってからは初めての経験。
しかも、過去最高人数の子ども達34名を大人&大学生数名でフォローする。

Juk Academe サマーキャンプ

まずは自分達でテントを張り、湖で泳いだり、カヤック乗りを指導して頂いたり、森の散策、スイカ割りなどのアクティビティ。グループに分かれて食事作りから後片付け、テーマに沿ってのディスカッション、発表などもあり内容の濃いキャンプでした。
テーマは「生きる」ということ。

何でも揃っている便利な日常生活から離れ、何もない自然の中での生活。お互いに信頼し、協力し、助け合うことの大切さを学ぶ。また、グループ分けは学年で振り分けているので、高校生がリーダーシップをとりメンバーを誘導します。下級生も自分のことは自分で行い、できることを自主的に探し出し協力していくことで自立を促し自信が持てるようになっていく。

この夏最高の暑さの中どうなることかと思いましたが、子ども達もよく頑張りました。
みんなとってもピュアで、しっかりした自分の意見も持っていて、私も助けられ共に学ばせて頂きました。

「最近の若者は・・・」という声を良く耳にします。
「こうなったのも今の親が・・・」とか、学校教育のあり方を指摘したりとか。
子育ては人事じゃなく、
学校、家庭、地域が相互に連携しつつ、社会全体で取り組むことが大切だと見直されています。

日本で子ども達が通っていたさつき幼稚園では「生きる力を育てる」がキャッチコピーでした。
「いのち」を大切にする豊かな心を育む教育プログラムは貴重です。


8月にも第2弾のキャンプがあります。
お問い合わせは塾アカディームへ。

テーマ:生きる - ジャンル:ライフ

【 2011/07/23 10:48 】

| About kids | コメント(2) | トラックバック(0) |
むかしむかし
Juk Academe(塾アカディーム)で、今週から始まった「むかしむかし」にマルを参加させました。

幼児から低学年対象とのことですが、日本語離れが心配されるマル(小4)にもとても良い機会となりました。

内容は、むかしむかしの語り手との歌いながらのやり取りから始まり、長いトンネルを潜って昔の世界へ導かれます(笑)

むかしむかし1

昔の世界につくと、おばあちゃんがスライドの映像を見ながらお話を聞かせてくれます。
お話が終わると、物語を振り返りながら何故?何?を質疑応答形式で進め、理解を深めていきます。

途中から4歳児?も参加しましたが、楽しんでいました

むかしむかし2

それから現代の世界に戻り?「これなあに?」をスライドを使って進めていきます。
いろんな日本語や知らなかった常識など学ぶ機会にもなりますよ

今週の木曜日まで継続して行われ、好評であれば毎週月曜日に開催予定とのことです。

時間:10時-11時45分
場所:Juk Academe 
6808 Caine Rd. Columbus, OH 43235 ( Caine Rdを北上して左側のレンタルオフィス)
Tel/Fax (614)761-1715
金額:1回10ドル

当日直接いらしても大丈夫です。
お勧めです!!

マルですが・・・参加する前は「バブっぽくて行きたくない・・・」と言っていたのですが、あのメンバーの中で最年長でありながらかなり楽しんでおりました。
続けていきたい!と言っております。

 ElemiGumリンクバーナー 

テーマ:読み聞かせ・ブックトーク - ジャンル:学校・教育

【 2011/06/20 22:40 】

| About kids | コメント(0) | トラックバック(0) |
震災支援活動を通して
HBOの活動を始めてから、自分のことが後回しになっていたりする。
多分、家族も我慢を強いられることもあったり・・・周りの人にも心配かけていたりする。

震災直後の日曜礼拝で追悼式があり、席上献金全てを日赤へ寄付するというので、子ども達に自分のお小遣いから献金するように用意させたことがありました。
でも、それから数日経つと震災のことは他人事のようになっていて、子ども達との会話で悲しい気持ちになることもありました。

先日のWickliffe Elementary Schoolの”スプリングセレブレーション”に合わせて、HBOクラフトセールをする時に子ども達が楽しめるイベントなので、良い機会と思い私も子ども3人連れてセールに参加してきました。

クラフトセールだけでなくノースマーケットで残った水ヨーヨー釣りも急遽出すことにしたのですが、予想以上の集客力を成して水ヨーヨーが足りなくなり、子ども達も水ヨーヨー作りに精を出してくれました。
店番をしてくれたりとルスの存在は大きく、小さいながらにマルも役に立っておりました。

今回、私達が作ったものがどのように販売され、どれだけ多くの人達に支えられているかを実際に見て、自分もその一員として活動することで彼らの意識が変わったようでした。

いつの間にかマルはオタマちゃんの虜になり(笑)自分のお小遣いで一つ購入。
もちろん、お小遣いからドネーションをしたりしていました。

先日、私もオタマちゃんを作ってみました。

レインボーオタマちゃん

マルがこれを見て「全部買いたい!!」って!!
お母さんが作ったものは貰えると思ったり、「ぼくの為に作って!」と言ってもおかしくないのに。

親が作っても、一つ一つが人(寄付)のもの・・・という意識になっていることが嬉しかった。
この活動を通して大変なこともあるけど、こうして喜びを頂けることに感謝です。

オタマちゃん、小さいのが1ドルで大きいのが2ドル。安い!!


ノースマーケットでの写真
http://www.facebook.com/media/set/?set=a.1978649153282.120016.1454734288&l=4246a163c1

なでしこジャパン第一試合の様子(私もちゃんと息抜きしてます)
http://www.facebook.com/media/set/?set=a.1992619022520.120654.1454734288&l=a3cb706dbe
↑この日は「はなみずき」の定期演奏会前日だったので、喉を痛めない為に大きな声で声援できなかったのが残念でした。
2-0で負けてしまったのは惜しかったけど、日本女子、1.5倍くらい対格差のあるアメ人に技とスピードで互角に戦っていました。今後に期待します


ご訪問ありがとうございます。
    ElemiGumリンクバーナー 

テーマ:東北地方太平洋沖地震義援金、災害援助 - ジャンル:福祉・ボランティア

【 2011/05/20 20:58 】

| About kids | コメント(2) | トラックバック(0) |
前ページ | ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。